介護職で転職をする場合、他の職種ではなく別の介護職へ転職する人が多いです。
そもそも介護職といっても施設系や通所系、訪問系など働く場も様々です。
人間関係の悩みや仕事の負担が大きすぎるなどの理由で転職を決意する人もいますが、もっとステップアップしたい、将来のために様々な仕事を経験しておきたいなど、前向きな理由で別の職場を探す人も少なくないのです。
転職を成功させるためには、まず自分が将来どのようになりたいかを考えておきます。
これまでと同じ仕事を極めたいのか、ケアマネージャーや事業所のサービス提供責任者を目指すのか、先に見据えるゴールによって働くべき場所も違います。
スキルアップを目指して転職したのに、人員不足で雑務ばかりを押し付けられるようでは転職が成功したとは言えません。
施設の規模や待遇だけではなく、施設の雰囲気なども含めて自分にあった職場をじっくりと探す事が大切なのです。
今度は介護業界でどんどんステップアップしていきたいと考えるなら、真面目に仕事に取り組むのはもちろん、資格を取得しておいた方が転職にも有利になります。
例えばこれまでデイサービスで働いていた人もヘルパーとして働きたいと考えれば、ホームヘルパーの資格が必要になるので講座を受けなければいけません。
介護福祉士やケアマネージャーなどの資格を取得しておくと仕事の幅も広がり、お給料の面でも少しアップする事が期待出来ます。
仕事をしながらの資格取得は大変ですが、実際ほとんどの人が日中は働き、仕事が終わった後に講座を受けに行くなどして資格取得を目指しています。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 この業界の特徴を知っていこう. All Rights Reserved