介護職に向いている人は、高齢者の小さな変化などにすぐ気づく事が出来る人です。
介護職の主な業務内容は高齢者に対して必要な食事や入浴などの介助になります。
その中でも相手を敬う気持ちを常に持っている必要があります。
例えば、あまり口数が少ない高齢者が排泄を行いたいのですが、上手く言葉にできない時など、少しの変化に気づく事が出来れば相手も不快な思いをせずに介助を行う事が出来ます。
また、高齢者のペースに合わせて物事を進める事も重要です。
介護職は基本的に高齢者の方を介護する事が目的である為、介護師が自分のペースで物事を進めてしまうと相手に負荷を与えてしまい、精神的なストレスの原因にも繋がります。
この事から介護職に向いている人の特徴は穏やかで、相手のペースに合わせる事ができ、小さな気配りなどを行える人といえます。
では、介護職に向いていない人の特徴はというと、せっかちな人や潔癖症の傾向がある人です。
業務の中には、排泄の介助も含まれているので、その様な部分を不快に感じる人は、向いていないでしょう。
また、自分のペースで動く事に慣れており、相手のペースに合わせる事が苦手な人も向いていないでしょう。
介護職の魅力は、年齢に関係なくキャリアアップ出来る事です。
介護関係の資格もいくつかあり、ホームヘルパーやケアマネージャーの資格を取得する為の年齢制限は無く、実務経験が必要になってきます。
その為、年齢などに関係無く、自分の努力次第でキャリアアップをする事が出来る事が大きな魅力だ。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 この業界の特徴を知っていこう. All Rights Reserved